シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Fish Head Curry( 5 )

2010年8月7日(土) 午後6時30分

さて、先ほどのレポートから続きます。 今度は同じお店でFish Head Curryを食べることにしました。

店名    : B.K Fortune Seafood
カテゴリ  : Fish Head Curry (マカンストラ掲載 – 6本箸)
住所    : 885/887 Bukit Timah Rd Kim Seng Leng (off Old Thomson Rd)
営業時間 : 1100 – 1400, 1700 - 2330
定休日   : 無休
電話番号 : 6469 5857/6463 0479

実は先ほどのHerbal Chickenで結構お腹が満ちてきたのですが、お隣のテーブルの
方々が注文したFish Head Curryを見たらどうしても食べたくなって注文! 同時にご飯を2杯注文! Fish Head Curryにご飯が無ければ話になりませんからね! ちなみに、Fish Head CurryもS$15でした。 出てきたのはこちら!
e0195952_21525929.jpg

ちなみに、カレーの後に見える使ったあとのシャワーキャップみたいのが、Herbal Chickenの残滓です。

アップで。
e0195952_21531554.jpg

更にアップで。
e0195952_21532815.jpg

総合 94点 (また必ず食べに来たい) : これも美味い!! タイ風と言うのですかね、酸味が強く、ココナッツの香りが強すぎない程度であります。 家内はココナッツには強くないのですが、その彼女が。「これは美味い!」、と叫んでおりました。 油は結構凄いのですよ。 それでも美味しいのでついつい食べてしまうのですよ~!

辛味はそれほどではありません。 最初は酸味が強いかなと感じたのですが、とんでもない。 辛味、酸味、甘味、塩味、旨味のバランスが非常に良く取れたカレーです。 それから魚も新鮮で、ゼラチン部分を堪能しました! 何しろ家内は、この美味しいゼラチン部分が苦手なので、私が全て総取り致しましたよ~。 そうそう、あとは野菜が美味しいのですよ。 オクラ、茄子、トマトなのですが、それぞれが柔らかく煮込まれています。

インド系とはまた違ったFish Head Curryですが、Fish Head Curryのお好きな方でまたこの店のを試していないのであれば、是非お試しあれ!

その他評価(5段階) : 価格3.5点、清潔感3.5点、接客態度3.5点

ところで、家内と2人でHerbal ChickenとFish Head Curryを完食しましたが、もうお腹が張り裂けそうです。 2人並んで、Bukit Timah Roadを家に向って転がって帰りました(笑)。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-08-07 18:30 | Fish Head Curry
先日、新しく出来たショッピングセンターである313 @ Somersetへ行ってみたのですが、The Muthu’s Flavorという、あのMuthu’s Curryの姉妹店が開店していたんです。
e0195952_1051835.jpg

The Muthu’s Flavorというのは、Muthu’s Curryの高級版とでも言うのでしょうね。 第1号店はデンプシーロードにあり、第2号店がここに出来ました。

Tandori Chicken SetがS$16.90、Masala Musselsのセットも同じ値段だとのこと。

気が向いたら試してみましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-04-02 10:49 | Fish Head Curry
2010年2月13日(日) 午前11時55分

店名    : Karu's Indian Banana Leaf Restaurant
カテゴリ  : Fish Head Curry (マカンストラ – 5本箸)
住所    : 808/810 Upper Bukit Timah Rd
営業時間 : 1030 – 2200
定休日   : 無休

今日は家内にフィッシュヘッドカレーを食べに行こうと誘いました。 答えは勿論、“OK!”。 2週間前に1人で行ったお店に、彼女を連れて行くことにしました。
e0195952_1420779.jpg

お昼前なので、お店はまだそれほど混んでいません。 しかしお持ち帰りの人たちが6~7人は並んでいます。 注文したのはFish Head の Small、ビール2杯、白いご飯2人分です。 ビールを頼めたのは、そうです、前回の予告通りバスで来たからです。 自宅前のバス停から4~5つ目のバス停ですから片道10分以内ですし、4路線のバスで行けますからバス停での待ち時間は殆どないし、何と言ってもビールは飲めるし、良いことづくめです。 そうそう、駐車スペースを探す必要も無いですしね(この辺り、昼時に駐車スペースを探すのは至難の業だと思います)。

まあ、それはそれとして、これがフィッシュヘッドカレーです。 スモールを頼んだのですが、結構な量があります。
e0195952_1422544.jpg

ご飯に載せたフィッシュヘッドカレー。
e0195952_14222283.jpg

食べ終わったあとのフィッシュヘッドカレー。
e0195952_14231487.jpg

完食です。 食べすぎました。 2食分ではなくて、2日分の量を食べた感じです。 食べ過ぎて胃がちょっと痛い感じです。 家内も食べすぎだそうです。

お会計の内容はこれです。
e0195952_1422499.jpg

野菜カレー2種類と煎餅付の白米が1人前S$2.80、フィッシュヘッドカレーの小がS$21.00、ビールは1杯S$4.50でした。 どれも良心的な値段だと思います。 ビール1杯S$4.50は安いですね。

総合 92点 (また必ず食べに来たい) : 前回のマトンマレーもそうだったのですが、今日のフィッシュヘッドカレーもルーがさらさらしていて、ご飯と一緒にさらさらとお腹の中に入ってしまう感じです。 サッパリ系のフィッシュヘッドカレーです。 食べていて胃がもたれないのですよね。 それだけに、余計食べ過ぎてしまいます。 魚以外の具は、トマト、オクラ、ナスで、それぞれ良く煮込まれています。 家内も私も気に入りました。 この店にはまた来るでしょう。

その他評価(5段階) : 価格3.5点、清潔感3.5点、接客態度3.5点

店員さんの感じも今日は良かったですよ。 前回はちょっとよそよそしい感じがあったのですが。

それと正午を少し回ったあたりから、お客さんがどかどかとやってきまして、満員までは行きませんが8分目までの入りとなりました。 人気店なのですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-13 11:55 | Fish Head Curry
2010年2月1日(月) 午前11時55分

店名    : Karu's Indian Banana Leaf Restaurant
カテゴリ  : Fish Head Curry (マカンストラ – 5本箸)
住所    : 808/810 Upper Bukit Timah Rd
営業時間 : 1030 – 2200
定休日   : 無休

家で缶詰と言いながら、今日の昼食は家で食べるとなると自分で作らなければならず、パッと出てパッと食べてパッと帰ってくることにしました。 ということで、家の前のUpper Bukit Timah Roadを少し北上したこの店へ行ってみることにしました。
e0195952_16584781.jpg

このお店、Fish Head Curryで有名なわけですが、一人でFish Head Curryは食べ切れません。 そこで、ちょこちょことおかずを頼んでみることにしました。

注文したのは白いご飯に付け合せの野菜カレー2種類(キャベツと苦瓜)、マトンカレー、フィッシュカツレツ(名前何て言いましたっけ?)です。 ご飯にかけてもらうルーは、チキンとフィッシュの2種類がありましたが、チキンにしてもらいました。 お煎餅(これも名前何て言いましたっけ?)を2枚つけてくれます。 ご飯の盛が凄く多くて、普段食べているご飯の量の2倍から2.5倍はありますね。
e0195952_16591140.jpg

S$8.85ですけど値段的にどうなんでしょうか? Muthu’sやBanana Leaf Apolloよりは安いのかな? レシートをくれましたので、内訳をチェックしてみると、野菜カレー付の白いご飯がS$2.80、マトンカレーがS$4.30、フィッシュカツレツがS$1.20の合計S$8.30、それにGSTがついてS$8.85となります。

洗面所で手を良く洗い、指でカレーを食べます。 これ、コツがあるんですよ。 人差し指、中指、薬指の3本の指の上にコネコネしたご飯とカレーを載せて、それを親指で弾くようにして口に放り込むのです。 これはマレー人のセレブな友人に教えてもらった食べ方です。 これだと、指の第2関節くらいまでしか指が汚れませんよ。 彼曰く、手のひらまで汚して食べるのは下品であるとのこと。

総合 90点 (また必ず食べに来たい) : マトンマレーはルーがさらさらしていて、ご飯と一緒にさらさらとお腹の中に入ってしまう感じです。 これはこれで美味しいものです。 キャベツのカレーも苦瓜のカレーも美味しいです。 フィッシュカツレツは若干水っぽい感じがありました。 お煎餅はパリパリで美味でした。 全体的に、Muthu'sとかBanana Leaf Apolloに比べてスパイスが若干薄めであり、私はこの方が胃がもたれないので好きです。 しかし、カレーを食べるといつもそうなのですが、食べ過ぎてしまうのですよね~。 今日も食べすぎました。 でも私の目の前で食べていたインド人は、おかわりをして、私の2倍の量は絶対に食べていましたからね。 どのような胃をしているのでしょうね。

フィッシュカレーを食べていないので暫定的な採点ですが、味はなかなかいけますし、何しろ家から近いので、また来ることになるでしょう。 今度はバスで来て、ビールを飲もうかな!

その他評価(5段階) : 価格3点、清潔感3.5点、接客態度3.5点



最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-01 11:55 | Fish Head Curry
2009年10月01日(木) 午後12時19分

店名     : The Banana Leaf Apollo
カテゴリ   : Fish Head Curry (マカンストラ掲載 – 6本箸)
住所     : 54/56 Race Course Rd
営業時間  : 1030 - 2230
定休日    : 無し

本ブログ初めてのディナーの投稿です。

日本からのお客様が、今晩の夕食はインド料理が食べたいということなので、Fish Head Curryを食べにお連れすることにしました。 いつもはMuthu's Curryに行くのですが、久々にThe Banana Leaf ApolloのFish Head Curryを食べてみたくなり、そちらへ行くことにしました。 このお店へ行くのは10年振りです。

e0195952_209921.jpg


凄く混んでいますね。 Muthu's Curryは逆に地元の人が多いのですが、ここは西洋人・日本人の観光客が非常に多いのが特徴です。 半分以上が観光客でしょうか。

こちらの人数は3名です。 注文したのは、Fish Head Curry の Medium 、Mutton Masara の Small 、Fish Cutletを3個、Nasi Briyaniを3人前、そして生ビールをジャーで1杯(ここに来る前に3名で生ビール3杯、白ワイン1本、赤ワイン1本を空けてきましたので、ここでは生ビールをジャーで1杯だけでした)。 これで合計S$72でした。

席についてすぐに出てくるクラッカーです。 名前はわかりません。 サクサクして美味しいですよね。 ビールに合います。

e0195952_2094312.jpg


これがFish Head Curryです。

e0195952_20101522.jpg


アップです。 油が結構浮いていますね。

e0195952_20103953.jpg


Nasi Briyaniです。 向こう側は左手がキャベツの和え物、右側が茄子のカレーです。 この二品はご飯についてきます。 これだけで1人前S$3.50ですから、ハッキリ言って高いですよね。 手前右側にFish Cutletが見えますが、これは1個S$1.75です。

e0195952_20112123.jpg


Mutton Masaraのアップです。

e0195952_20121553.jpg


総合 90点 (必ず食べに行きたい) :

Fish Head Curryは、期待していたほどの味ではありませんでした。 昔の印象では、ここのCurryはTamarindの酸味が効いていたのですが、今日のは普通のCurryという感じです。 あとは前述のように油の量が凄いですね。 勿論Curryに油は付き物ですが、それにしてもちょっと多いなという感想です。 それと魚のサイズは大きくて評価できますが、新鮮さが今ひとつとも感じました。

Nasi Briyaniはご飯粒が綺麗に独立しており美味しかったです。 Mutton Masaraは、お肉がちょっと固い印象がありましたが味は美味しかったです。 Fish Cutletは残念ながら凡庸でした。

美味しいには美味しいです。 ただ、この店の味が変わったのか、私の味覚が変わったのかわかりませんが、またはFish Head Curryを何十回も食べているせいなのか、感動は薄かったです。

近いうちにMuthu’sへ行って食べ比べてみたいですね。

接客態度はいつも通りの無愛想さです(笑)。 これはMuthu’sだろうが変わりありません。 欧米人にとっては理解しがたいサービス、と言いましょうか態度でしょうね。 両店とも、もっと愛想良くすれば、観光客のリピーターがもっと増えるのでは、と思います。

マカンストラの評価では、Muthu’sが4本箸で、この店が6本箸です。 2本箸の差があるのは理解しがたいですね。 私が評価するとしたら、両店とも5本箸です。

その他評価(5段階) : 価格2点、清潔感3点、接客態度3点

それでは、Happy Deepavali!!

e0195952_20135433.jpg





最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ よろしかったら、こちらもクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by verdy_coco_leon | 2009-10-01 12:19 | Fish Head Curry