シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:アウトドアの道具( 2 )

アウトドア道具 (2)

道具編第二弾です。 今日はキャメルバッグと帽子の紹介です。

キャメルバッグは、ハンズフリーハイドレーション・システムとも言われていますが、手を使わなくても水が飲めるというものです。 厳密に言うと手を使わないわけではないのですが、歩きながら或いは走りながら水が飲めるわけで、暑いさなかに歩くには大変便利なものです。 これがそれです。
e0195952_9484816.jpg

これは2リットル用で、お値段は税込み4200円と結構なお値段です。 ここから水を入れます。 また掃除をするときにもここから行うことが出来ます。
e0195952_9492851.jpg

これが吸い口です。
e0195952_9494298.jpg

飲むときには、吸い口を歯で潰すようにすると、口がこのように開きます。
e0195952_95012.jpg

水を入れた状態です。 これをバックパックに入れて使います。 吸い口はバックパックのショルダーハーネスに洗濯ハサミで留めておきます。
e0195952_9502043.jpg

いちいち蓋を開け閉めする必要はなく、吸い口を咥えて水を吸うだけなので非常に便利です。 長距離を歩くかたにはお奨めです。

帽子ですが、私の愛用のものはこれです。
e0195952_951451.jpg

南大沢の三井アウトレットに入っているモンベル(Mont-Bell)で購入しました。 名称は「メッシュクラッシャーキャップ」で、メッシュが入った野球帽の形状の帽子です。 定価は税込み2100円、アウトレット価格は税込み1680円です。

この帽子は48gと非常に計量です。 トップ部分はゴアテックスではなくてナイロンですが、サイド部分が下の写真のようにネットになっているので非常に快適です。
e0195952_955418.jpg

この帽子はふりーサイズで、後のこのストラップでサイズを調整しますが、この帽子は私の頭にピタッとフィットします。
e0195952_9555746.jpg

タグを見ると、台湾製なのがわかります。 洗濯は摂氏30度以下のお湯で手洗いです。  散歩から帰って来てシャワーを浴びる時に、ササッとすぐに洗えます。
e0195952_9561226.jpg

非常に軽く、しかもナイロン製にもかかわらず通気性が良く、私のお気に入りの帽子です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-08-22 09:46 | アウトドアの道具

アウトドア道具 (1)

昨日は多摩センターのスポーツ店で心拍計を買いました。 心拍計というのは、文字通り、心拍数を計る機械です。 現物はこれです。
e0195952_17145645.jpg

こちらを胸に装着します。
e0195952_17151472.jpg

この心拍計を何に使うかと言うと、脂肪を効率よく燃やすためです。 ウォーキングでもランニングでも、一定以上の心拍数を保てば、有酸素運動により効率良く脂肪を燃焼させることが出来ます。 しかし心拍数が大きすぎると、無酸素運動に変化してしまい、脂肪燃焼の効率が悪くなるわけです。

今回購入したのは、マルマン社製のフィットケアで、お値段は税込みで4999円です。 心拍計については、上限心拍数と下限心拍数を設定し、それから外れるとアラームが鳴ります。 つまり最低限の心拍計の機能ですね。 本格的アスリートを目指す訳ではありませんので、私にはこれで充分です。 ちなみに、心拍計の機能以外に、時計機能とストップウォッチ機能も持ちます。

どうやって心拍数の上限と下限を決めるかというと、ひとつの公式があります。

まずは最大心拍数を計算するのですが、これは個人が耐えられる最大の心拍数という意味です。 これを計測するのは大事なので、簡単な公式を使います。 それは220-年齢です。 私は50歳ですから、私の最大心拍数は170ということになります。

更に有酸素運動の状態は、最大心拍数に対して70~80%とされていますから、下限が119で上限が136ということになります。 心拍数を119~136に維持できれば、有酸素運動を維持し、脂肪を効率良く燃焼することが出来るという訳です。

もちろん、体のコンディションにより調整が必要です。 今まで運動をしていない人の場合には、上限・下限とも10%減、つまり50歳であれば107~122ということになります。

さて、今日の散歩に使ってみました。 心拍数を119から136に維持するには、全くの平地だと小走り程度が必要です。 スピードは時速6~7km程度でしょうか。 軽い登り坂だと早足(時速5km程度)です。 また歩幅がいつもより広いので、歩数はいつもより少なくなります。 いつもの散歩のペースより早いので、暑さと相まって疲れが出るのが早いような気がしますが、これはすぐに慣れるでしょう。

それと脂肪を効率良く燃やすためのサプリメントがあります。 それがこれです。
e0195952_17153559.jpg

明治乳業から販売されている、「VAAM(バーム)」です。 これはスズメバチの代謝方法を研究した結果により配合された17種類のアミノ酵素が含まれているサプリメントで、運動の前に摂取すると、効率よく脂肪を燃焼することが出来るそうです。

このサプリメントは効果があるということで名前が知られています。

肝心のお値段ですが、16袋入りで2490円(税込み)ですから、1袋156円ということになります。 決して安くはないですが、高目のジュースを1本買うことを考えれば許容範囲だと思います。

今日は実家→鎌倉街道→多摩よこやまの道→黒川駅と歩き、それにかかった時間は1時間40分、歩数は約9400歩でした。 その前後も含めると、今日歩いた歩数は11145歩でしたので、それほど多い歩数ではありません。 ただ久々に歩いたこと、それから炎天下を歩きましたので、歩いた距離に対してちょっと疲れましたね。
e0195952_1716239.jpg

明日も歩く予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-08-21 12:40 | アウトドアの道具