シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー

<   2010年 02月 ( 122 )   > この月の画像一覧

The Tavern @ The Tanglin Club

2010年2月28日(日) 午後6時10分

今晩は、以前シンガポールに赴任していた知人が久々に日本からシンガポールへ来られたので、The Tanglin Clubで食事を一緒に食べることになっています。 クラブのロビーで午後6時に待ち合わせし、すぐに英国のパブを模したThe Tavernへ向かいました。 これがThe Tavernの入り口です。
e0195952_2248358.jpg

ちなみに、メインダイニングはチャーチルルームで、こちらがその入り口です。 ここは非常に天井が高い、所謂ダイニングルームにふさわしいレストランです。
e0195952_22482525.jpg

名前の由来は、勿論、チャーチル元首相からです。 10年程度前は、チャーチル氏が好んで飲んだと言われるシャンパンであるクリスタルが廉価で飲めたのですが、在庫がなくなってからは飲めなくなりました…。
e0195952_22484543.jpg

ところで、The Tavernの中の写真は今日はありませんので悪しからず。 その代わりに今晩の費用明細をお教えします。

まずはタイガービールの生で乾杯! ビールのあとはイタリアのスパークリングワインであるプロセッコを1本注文しました。

食事の方は知人の要望により、おつまみ系をシェアすることにしました。 まずは生牡蠣6個。 新鮮です。 先日の牡蠣より肥えていました。

お次はシザーズサラダです。 これはドレッシングのバランスが取れた美味しいサラダでした。

そしてピザ。 トマトソースベースのピザに烏賊と海老を加えてもらいました。 ここのピザは私の好みのパリパリの皮です。

知人も私もお腹が一杯になってしまいましたので、次はデザートです。 当クラブ名物のアップルパイを1皿注文しました。

〆はジョニーウォーカーブラックをダブルでそれぞれ1杯。 ソーダウォーターを1本頼んでハイボールで飲みました。

さてお値段は以下のとおりでした。

生ビール2杯   S$7.76
プロッセコ     S$47.01
生牡蠣6個    S$13.97
サラダ       S$8.74
ピザ        S$12.71
アップルパイ   S$5.51
ウィスキー2杯  S$15.00
ソーダー      S$1.68
小合計       S$112.38
GST        S$7.87
総合計       S$120.25 = 約7600円

実際のメニューの表示価格はGST(消費税)込みなのですが、伝票上はそれぞれの価格は消費税付加前の価格なので中途半端な数字になっています。 食事は今日は少なめにしても、プロセッコ1本を含めてこのお値段はお安いですよね。

シンガポールは酒税が高いので飲食店のお酒代は結構かかるのですが、ここはプライベートクラブなので非常に安いお値段です。 例えばジントニックは1杯S$4以下で飲めます。 ホテルのロビーラウンジの価格の3分の1程度です。 またお料理もリーズナブルなお値段です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-28 18:10 | 食事 in シンガポール
今日はお手伝いさんがお休みの日です。 外に出るのも億劫なので、家内に焼きうどんをリクエストしました。
e0195952_13351526.jpg

基本的な味は良いのですが、ちょっと塩気が多かったでした。

今晩は知人が日本から来ているので、タングリンクラブで食事をご一緒します。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-28 12:25 | 食事 in シンガポール

The Basement @ The Centrepoint

新しいフードコートの情報です。

今朝のストレーツタイムス(シンガポールの英字日刊紙)にThe Basementという新しいフードコートの記事が出ていましたので紹介します。 何故、紹介するかと言うと、3月5日(金)から14日(日)までは、各ストールの看板料理が何とS$2で食べることが出来るというのです!

場所はオーチャードロードにあるセンターポイント (The Centrepoint) の地下2階です。 開店時間は午前10時から午後10時までとのこと。 定休日無しです。

紙面で紹介されていたのは3店舗。

ひとつはSQ Expressというインド料理のお店です。 Nasi BriyaniがS$2なんて!

もうひとつはChef Han Chicken Riceで、Chef Hanはかの有名なマンダリンホテルはチャターボックスのチキンライスを創作した人との紹介があります(チャターボックスのチキンライスを創作という意味がわかりませんが、そう書いてありました)。

最後はFeng Yun Live Herbal Prawn Noodleで、生きた海老をハーブスープで調理した麺だそうです。

これは行ってみるしかありませんね。 行ったらレポートをしますのでお楽しみに!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-28 11:59 | Other Information
昨日のTOEIC初受験のあと、思いついた点を追加で書いてみました。 既に皆さんご承知のことばかりかもしれませんが、私のように初めて受験する人のお役に少しでも立てればと思っています。 パート1から3まであります。

<< 試験会場への到着 >>

試験開始時間の30分前には会場に到着するべきだと思います。 早くついて損することはありません。

試験開始時間の10分前くらいに、お手洗いへ行ったおいた方が良いでしょう。 試験開始時間から2時間45分(今回は午前10時から午後12時45分まで)はお手洗いへは行けませんから。

本人と証明する書類、つまりパスポート又は写真がついた身分証明書(シンガポールのIDカードや免許証等)を忘れないようにしましょう。


<< 試験直前の勉強 >>

単語カードを持って行き、会場にて試験前に勉強したのですが、緊張のためか全く頭に入りませんでした。 これにはちょっとショックでした。 試験前はやはり緊張しているのですね。 試験直前に勉強するとすれば、リスニングの長文を聞いて耳を慣らす程度が適当ではないでしょうか。

途中でこれは無意味だと思ったので、そそくさと単語カードをカバンにしまいこみ、あとは気持ちを落ち着かせることに集中しました。 私は他の人の邪魔にならないように気をつけながら、上半身だけのストレッチをしたり、周りを見回して他の人を観察したりして気を落ち着けましたが、やり方は人それぞれでしょう。


<< リスニング全般 >>

聞き取れない問題があったらすぐに諦めてどれかをマーキングし、その問題のことを忘れることです。 聞き取れないものを幾ら考えても答えは出てきません。

その問題にこだわることにより次の問題の文頭を聞き逃す方がダメージが大きいですよ。 リスニングの場合は文頭が大事ですから。

ですから聞き取れなかったらその問題はキッパリと諦める、それがリスニングでは最重要だと思います。

勉強方法ですが、これは出来るだけ多くの問題を聞くしかないと思います。 私は5回の模試を行いましたので、500問を解いたことになります。 また聞き取れなかった文は、聞き取れるようになるまで何回も聞きなおしました。 またわからない単語・熟語があったら、すぐに単語・熟語カードに書き込みました。


パート2へ続く


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-28 11:53 | TOEIC
2010年2月28日(日) 午前7時45分

店名    : Li Huat Nasi Lemah and Economical Fried Bee Hoon 利發椰槳飯・経済米粉
カテゴリ  : Breakfast Fare (マカンストラ未掲載)
住所    : 116 Upper Bukit Timah Rd Stall 137 Bukit Timah Mkt & Food Ctr
営業時間 : 不明
定休日   : 不明
e0195952_9364482.jpg

2月は天気が良いけれど涼しい日が続いていたのですが、最近は暑くなってきました。 日中は摂氏35度程度まであがっていると思います。 日本の夏の気温に比べたら低いですが、シンガポールではどんなにあがっても摂氏36度程度が最高なので、暑い日々と言えます。

暑くはなりましたが、雨はやはり異常に少ないです。 今日で2月は終わりですが、観測史上、最も降雨量が少ない月になりそうです。 これはエルニーニョのせいだと言われています。 エルニーニョのせいで、フィリッピンや中国南部は旱魃がひどいようですね。

さて、今朝は散歩がてら、Bukit Timah Market & Food Centreへ歩いて行きました。 Stall 138のKway Chapのお店がほどほど混んでいて、また食べている人のを見てみると美味しそうでしたが、朝から内臓系は体に悪いと諦めました。 そのお隣のStall 137は最近良く食べるビーフンとナシレマのお店です。 今朝もそこにしました。
e0195952_936203.jpg

メインはビーフン、おかずは五香(挽肉を湯葉で巻いて揚げたもの)、インゲンのサンバル炒め、チリソースを載せた豆腐です。 お値段はS$2.50でした。

ビーフン 88点 : 油まみれのビーフンではなく、うまくフライされている美味しいビーフンでした。 表現が難しいのですが、ビーフンとビーフンがくっついていないタイプです(つまりベチャとしていないということです)。

サンバルチリ 89点 : 甘目のサンバルチリですが、お味は良いです。

具 90点 : 五香もビーフンと同様で脂ぎっていませんし、しつこくないお味でなかなか美味です。 インゲンのサンバル炒めもグッド。 豆腐は、上にかかっているチリソースが美味でした。

総合 89点 (近所に来たらまた食べてみたい) : 顔を覚えてくれたようで、今日はおじさんもおばさんも愛想が良かったです。

その他評価(5段階) : 価格3.5点、清潔感3.5点、接客態度4.0点

家からフードセンターまで片道15分、歩数は1600歩前後です。 往復しましたし、フードセンター内をブラブラしましたので、今朝の歩数は3854歩でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-28 07:45 | Breakfast Fare
レオン 「がっつがっつ…。 父さんが英語の試験がなんだかんだって言っているけれど、こっちは夕飯食べるのに忙しいんだよね~。 朝と夜と2回しか食べさせてくれないし。 自分達は1日3回は食べているのに。 もぐっもぐっ…。」
e0195952_21291956.jpg

ココ 「・・・。」
e0195952_21293676.jpg

レオン 「げほっげほっ…。 でもさ~、ココ兄ちゃん。 真央ちゃんが銀メダルで残念だったよね~。 ムシャムシャ…。」
ココ 「…。」
e0195952_21295568.jpg

というのが、いつもの彼らの食事風景です。 レオンは凄い勢いで食べるのですが、ココは黙々と…。 レオンが食べ終わっても、ココはまだ半分残っている状態です。 ちなみに、上の写真では左がココ、右がレオンです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-27 21:30 | 我家のワン子達
TOEICの試験が終わったのでホッとしています。 家に戻ってゆっくりと風呂に漬かりながら本を読み、風呂から出てブログの更新とメールチェックをしました。 そうこうしているうちにあっと言う間に夕飯の時間です。

さて、今晩の夕食は次のとおりでした。

バゲット(40g)、バター(7g)、タレッジオチーズ(15g)

ケーパーの玉葱のドレッシングのサラダ(100g)
e0195952_2117506.jpg

クレソンのお浸し(40g)
e0195952_2118942.jpg

烏賊塩焼き(45g)
e0195952_21182488.jpg

餃子8個
e0195952_21183695.jpg

白米お茶碗1膳

林檎1個

赤ワイン2杯


最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-27 21:18 | 食事 in シンガポール
さて、いよいよTOEICの初受験です。

試験会場はJalan Bukit MerahにあるPSB Academyです。 Henderson RoadとLower Delta Roadの中間くらいに位置しています。 会場には午前9時25分頃に到着し、会場がある3階へ行きました。 既に20数名が部屋が開くのを待っています。 午前9時30分には部屋のドアが開けられ、受付が開始されました。

ネット上では写真付きの証明書は必要ないというブログがありましたが、実際には必要です。 持ってこないと試験が受けられませんのでご注意を。 席は指定されますので、自由に選べません。 横は8人、縦は7~8名が座ります。 私は右側の一番端の窮屈な席で、席としては最悪です。 まあ、これも運です。 仕方ありません。

受験者総数は60名弱で全員黄色人種。 パスポートでわかるのですが、多分7割が日本人だと思います。 残りは殆どが韓国人で、多分中国人・台湾人も何人かいると思います。 男女の比率はほぼ同じ。 年齢層は高校生から私のようなおじさんまで幅広いですが、若者とおじさんは少数派でした。 圧倒的に多いのは20歳代後半から30歳代後半までですかね。 ご夫婦で一緒に受験しているカップルも最低2組いました。

午前10時には受付が終了します。 受付終了間際に到着し、しかもパスポートを持ってきていない方がいましたが、お互い(ご本人及び私も含めた周囲の他人)の心臓に悪いのでそれはやめましょう。 こういう時は余裕を持って来てください・・・。 その子、受験できたのかな~。

それから名前とか各種情報の記入があります。 これは細かく指示をしてくれるので心配いりませんが、結構時間がかかります。 なんだかんだでリスニングの開始は午前10時45分頃となりました。

ちなみに私の左横はビジネスマンらしき日本人、私の前は韓国人(パスポートでわかります)のむさくるしい学生風の男性、私の斜め左前は30歳前後の日本人の奥様です。 最悪なのが私の前の学生らしき男性、何が最悪かと言うと貧乏揺すりをするんですよ~。 隣の奥様、頭にきたのかその男性の顔をじっ~と睨んでいました。 席も悪いし、前の人は貧乏揺すりするし、条件悪いんですよね。 しかしだてにシンガポールで20数年働いていませんからね、私は。 条件悪い中で何かに挑むなどというのは山ほど経験していますので、この悪条件に負けないで頑張りますぞ~。 でも貧乏揺すり学生のお隣の奥様、可哀想です。

ところで、机の上に置いてよいものは、席番号、鉛筆、消しゴム、身分証明書だけです。 あっ、私は老眼鏡が必要なので置かせてもらいましたが。 鉛筆1本と消しゴム1個が準備されていますが、自分の鉛筆と消しゴムを使っても構わないようです。 その他の持ち物は、問題を配る前に全て教室の前に置かされます。

<< リスニング >>

さてリスニングが始まりましたが、心配した音の聞こえはそんなに悪くありません。 これでしたら大丈夫そうです。 貧乏揺すり学生も貧乏揺すりをやめてくれたようです(解答に集中したので、その辺り定かではありません)。

リスニングは比較的楽でした。 何言っているのは判らないというのはパート2で2問くらいありましたが、あとは殆ど理解できました。 そうは言っても解答選択で間違えている場合が結構あるはずです。 予想正解数は85問前後です。

<< リーディング >>

リーディングは午前11時30分から開始されました。 ですから終了時間は午後12時45分です。 ケアレスミスをしないように慎重に進めたので、模試よりは解答に若干時間がかかっています。 パート5で2問ほど引っかかりましたので、答えを入れずに先に進みました。 パート5とパート6では、文法上で迷った問題が先程の2問を含めて5~6問ありましたが、リーディングもリスニングと同様に比較的楽に感じました。

しかし、パート7のパッセージから難易度が高まった感じです。 このパートは私が最も得意とする部分なので、時間をかければ問題ないのですが、一瞬焦りました(汗)。

ところで、私の前の貧乏揺すり学生、正午には解答を終わってしまったというのです。 席を立って良いかと係員に尋ね、最後までいるように制止されています。 30分でリーディング完了?! 早すぎません? 最高に頭が良くて30分で仕上げてしまったのか、最高に馬鹿でギブアップしたのかわかりませんが…。

ちょっとここで動揺しましたが、すぐに気を取り直して問題に取り組みました。 私は50分間で最後まで終え、そのあとに途中で飛ばしたパート5の2問を解答しました。 さらに残りの20分間弱でパート5とパート6の60問は全問見直し、2問の解答を変更しました。 リーディングの予想正解数も85問前後です。


リスニングもリーディングも結構出来ていると思いますが、結果が出るまでは安心できません。 私の性格上、うっかりミスはけっこうあるはずですし、文法上の思い違いもありますから。

結果は2週間で通知があるそうです。 結果が出るまでは勉強を続け、場合によっては1ヵ月後に再度受験するかもしれません。

最後になりますが、教室の中は摂氏26度と係員が言ってましたが、相当寒く感じます。 私はコットンのサマーセーターをポロシャツの上に着ましたが、それでも寒く感じたくらいです。 手はかじかみました(本当です)・・・。 ですから、シンガポールで受験される方は必ず暖かい格好で受験してくださいね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-27 16:48 | TOEIC
2010年2月27日(通知) 午後1時18分

店名    : Chai Chuan Tou Mutton Soup 柴船頭羊肉湯
カテゴリ  : Mutton Soup (Chinese Style) (マカンストラ未掲載)
住所    : Blk 115 Bukit Merah View #01-335 Bukit Merah View Mkt & Food Ctr
営業時間 : 不明
定休日   : 不明

TOEICの試験が終わって一安心。 内容は後ほど報告しますが、まずは昼ご飯。 行き先は既にアップしたように、Bukit Merah View Food Centreです。

マカンストラに掲載されているヨンターフのお店はやはり閉まっていますね。 いつ開店するのでしょうか。 マカンストラには午後10時~午前3時が開店時間になっているのですが、本当にその時間に開いているのですかね。 私は午前10時~午後3時の誤植だと思って、このフードセンターに来るたびに必ずこのお店に寄ってみるのですが、いままだ開店していたことがありません。

さて、今日はマトンスープの店に行きました。 シンガポールでマトンスープというと、インド人がやっているストールと中国人がやっているストールと2つありますよね。 中国人のほうは薬膳のような感じです。 行ったお店はここです。
e0195952_15595821.jpg

もう午後1時過ぎですが、いつも3~4人のお客が行列しています。 それがこの店にした決め手でした。 注文したのはMix Mutton SoupのS$4.00と、白いご飯S$0.30です。
e0195952_1601462.jpg

具 93点 : マトンも内臓も非常に柔らかく煮込まれていて美味です。 量もタップリです。 肉団子は2個入っています。 骨付きマトンは2個入っていますが、非常に柔らかいのでホロっと肉が骨から外れます。 これは美味しいですよ。

スープ 86点 : 味は薄めですが、良く言えばしつこすぎないお味です。

チリソース 93点 : これは美味しいチリソースです。 ライムの酸味と香りが効いています。

ご飯 88点 : 美味しいご飯です。

総合 90点 (近所に来たらまた食べてみたい) : 超ウマ~ということではありませんが、結構私の好みの味です。 ちょっと味がぼけていると言う方もいるかと思いますが、良く煮込まれた具をチリソースにつけて食べるとなかなかいけますよ。 ご飯は取らずにビールのおつまみにしても良いかもしれませんね。

その他評価(5段階) : 価格3点、清潔感3.5点、接客態度4点



最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ よろしかったら、こちらもクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-27 13:18 | Mutton Soup (China)
今日がTOEICの試験日です。

試験は午前10時開始なので、午前9時30分前には会場に入って準備をするつもりです。

朝晩、血圧を計っているのですが、ここ数日高い値が出ています。 今朝も高目でした。 自分ではあまり緊張は感じていないつもりですが、実際は緊張しているのですね。

如何に試験に集中し、その集中を途切れさせないかがポイントと考えています。

試験前後の様子もアップしますね。  それでは!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by verdy_coco_leon | 2010-02-27 07:46 | TOEIC