人気ブログランキング |

シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

トレッキング in シンガポール (4) 2009年12月26日(土)

今日もトレッキングです。 今日で4日連続です。

子供が小さいときには、マクリッチ貯水池を1周してみたり、いろいろと歩き回ったものです。 もう14~15年前になるでしょうか。 それ以来、トレッキングには出かけていませんでしたが、Bukit Timah Nature Reserveの近くに引越してきたのをきっかけに再開したわけです。

さて、今日は昨日通ったWallace Education Centreの近くの駐車場(Daily Farm Road沿い)を起点に歩こうかと思います。 まずは家内に駐車場まで車で送ってもらいました。 そしてピックアップポイントを2箇所設定しておきました。 1箇所はマンダイの動物園の近くですが、そこまでたどり着けないことを想定して、ブキパンジャンにも1箇所待ち合わせ場所を決めておきました。 距離はざっと見て5km超ですので、1時間15分から1時間30分程度でしょう。

今日は万歩計を持ってくるのを忘れてしまいましたので、時間だけ計測しました。

駐車場を出発して歩き始めた午前9時13分です。 駐車場を出て右折し、BKE(ブキティマエクスプレス)へ向かいます。 そしてBKEの直前を左手の山道へ入ります。 北上するかたちになりますね。 あとは基本的にマンダイに出るまで北上していきます。
e0195952_15475731.jpg

そして整備された道をずんずん進んでいくと、Zhenghua Parkという公園に出ます。
e0195952_1549748.jpg

トレイルへ行くにはここから右手へ折れて、高速道路の下をくぐるべきだったのですが、道を間違えて真っ直ぐ行ってしまいました。 ブキパンジャンの高速出口に到着したのは午前9時34分でした。 出口の道路下を抜けていくと、右手へ行く道が現れます。 これはBKEの下をくぐっています。
e0195952_15494031.jpg

ここを進むと正面に農園が見えてきます。
e0195952_1549599.jpg

家庭菜園ですね。
e0195952_155039100.jpg

向かって左手に山道が見えますので、そこを登っていくことにしました。
e0195952_1551087.jpg

しばらくするとトレイルに合流することが出来ました。
e0195952_15512023.jpg

サイクリストが多いですね。 皆さん礼儀正しくて、挨拶をしていきます。 Bukit Timah Nature Parkでは殆どのサイクリストは挨拶をしていきませんでしたのに。 挨拶をし、挨拶を返されると気持ちが良いですね。

南北を走る尾根を縦走するようなかたちです。 ひたすら歩くとKJE(クランジエクスプレスウェイ)の分岐点に到着します。 この時点で午前10時2分ですので、歩き始めてから約50分です。 サイクリストにとっては高速コースで面白いかもしれませんが、歩いてみると景色が単調であまり面白くありません。
e0195952_15514918.jpg

さて、更に5分程歩くと三叉路に出ます。 午前10時7分です。 地図によると、真っ直ぐ行くとマンダイへ、右へ行くと行き止まりですが貯水池に出ます。

目指すはマンダイですが、折角ここまで来たので右へ行ってみることにしました。 貯水池に到着するまで12分かかりました。 揚水場になっているようで、立ち入り禁止になっています。
e0195952_15522339.jpg

そこで柵の横を歩き、貯水池まで出ることにしました。 決して立ち入り禁止の場所に入ったわけではありません。 また撮影禁止の看板もありませんでした。
e0195952_15533697.jpg

e0195952_15535417.jpg

もう少し風光明媚なところを想像していたのですが、たいしたことがなくてガッカリですね。 空も少し曇っていて、湖面も灰色になってしまっています。

先ほどの三叉路に戻りました。 この時点で午前10時39分ですから、まあ30分間の寄り道でした。 それではマンダイ目指して北上しましょう。

地図によると、途中から立ち入り禁止区域になりますので、そこにたどり着く前にKJE沿いの土手の小道を通ることにしました。 高速道路自体を歩くのは勿論法律違反ですが、土手は問題ないと思います。 土手と言っても高速道路のすぐ脇ではなく、道路から7~8m離れています。

無事にマンダイ道路に出ました。 そこを右手に歩き、家内と待ち合わせをしているバス停留所に到着しました。 時間は午前11時ジャストでした。 見えている道路を真っ直ぐ行くと、マンダイ蘭公園とシンガポール動物園があります。
e0195952_15551163.jpg

途中で30分間の寄り道がありましたので、実質は1時間20分となります。 勿論歩いた時間は1時間50分フルとなりますが。

前述の立ち入り禁止区域の出口側はこうなっています。 待ち合わせ場所のバス停のすぐ横です。
e0195952_15553548.jpg

今日の道路は、サイクリストには良いかもしれませんが、歩きの場合はあまりお奨めできません。 これと言った見所がありませんし、景色が単調です(景色と言ってもひたすらジャングルの中を歩くだけです)。

歩くのであれば、ブキパンジャンのZhenghua Parkから南下し、Daily Farm Passを取ってSingapore Quarryに抜け、そしえBukit Timah Nature ParkのVisitor Centreに辿りつくコースが良いのでは。 途中で幾つか見所がありますので、そちらをお奨めします。 時間的にも1時間半あれば十分でしょう。

シンガポールの場合、トレッキングと言っても2時間弱で歩けるところが多いですね。 マクリッチ貯水池を一周すると、多分4~5時間はかかると思います。 また新たなトラックが随所に出来ているようなので、おいおい歩いてみようと思います。

香港でトレッキングすると、見晴らしが良いところが沢山あって楽しいのですが、シンガポールの場合にはそれが無いので楽しさ半減なんですよ。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ よろしかったら、こちらもクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ
by verdy_coco_leon | 2009-12-26 09:13 | トレッキング in シンガポール