人気ブログランキング |

シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

シンガポール陥落 (4) ラブラドール・バッテリー

ジョホール・バッテリーに続いて、もう一つの砲台について投稿します。 それはラブラドール・バッテリー(砲台)です。

シンガポールには、World War II Sites of Singaporeという記念碑が11箇所あるのですが、その第6番目の記念碑がここにあります。
e0195952_22395051.jpg

場所はシンガポール本島の南端に近いところ、セントーサ島の本島側です。 正確に言うと、セントーサ島の西端にあるシロソ砲台の向かい側にあります。 ラブラドール砲台とシロソ砲台は兄弟のようなもの、ケッペル港へ入る西側の水道を守るための砲台群です。 ラブラドール砲台に最初に大砲が設置されたのは1878年ですから、1867年4月1日にイギリス本国直轄植民地になってからでの設置なのですね。

現在はラブラドールネーチャーパーク(ラブラドール自然公園)となっています。
e0195952_22401493.jpg

駐車場に車を停めて、左手の丘の方へ登っていくと、砲台の弾薬庫(Casemate)にでます。
e0195952_22414166.jpg

左右にある階段を登ると小さな広場に出るのですが、左手に冒頭の記念碑があります。
e0195952_22404099.jpg

別の方向から見た記念碑です。
e0195952_22412434.jpg

ラブラドール砲台には、1942年の時点で2門の6インチ砲(弾丸径15cm)が配備されていましたが、この記念碑がある場所がまさしく2門のうちの1門が設置されていた場所のようです。 もう1門は、右手の方に設置されていたはずです。

弾薬庫の上にある通気孔だと思います。
e0195952_22422212.jpg

記念碑の近くに、海に面した展望台があります。
e0195952_22424632.jpg

そこから海を眺めたものです。 さすがに眺めが良いですね。 遠方に見える白煙を吐いている設備は、シンガポールの石油精製施設です。
e0195952_22431992.jpg

この砲台も、日本軍に対して発砲したそうです。 Pasir Panjangの尾根を第18師団が攻撃したときに、マレー第一旅団が防衛をしたのですが、その時にこの砲台から支援砲撃をしたとのことです。

記念碑の周囲には、多数の説明板が設置されています。 そのうちの1枚に、当時シンガポールに設置されていた砲台の詳細が記されていました。
e0195952_22461715.jpg

これによると、当砲台は6インチ砲2門で構成され、徹甲弾(APで表示されています)は500発、榴弾(HEで表示されています)は50発しか無かったようです。 徹甲弾は軍艦に向けて効果がある砲弾ですが、陸上目標には殆ど効果はありません。 陸上目標に効果があるのは榴弾です。 それが1門当り50発しかないのでは話になりません。 また6インチ砲の射程距離は17000ヤード(15500m)とあります。 ちなみにジョホール・バッテリーの15インチ砲の射程距離は36900ヤード(33700m)となっています。

正面に見えるのが、セントーサ島のシロソ要塞のある場所です。
e0195952_22434397.jpg

その左手です。 セントーサ島へのケーブルカーの塔が中央左寄りに見えます。 その右手の建物群が、建築中のカジノ・ホテルです。
e0195952_2244138.jpg

さらに左手を撮影した写真です。 コロニアルタイプの邸宅が残っていますね。 今は何に使われているのでしょうか? いつか訪ねてみたいものです。
e0195952_22443046.jpg

記念碑の周辺にある説明文では、この砲台もシンガポール防御の一助となったありますが、前述のように1門当り僅か50発の榴弾では、防御の効果は知れたものだったと思います。

さて、次の投稿は日本軍のシンガポール上陸です。 実際の上陸日に合わせて、2月8日に投稿する予定です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by verdy_coco_leon | 2010-02-05 22:58 | 戦争史跡 in シンガポール