人気ブログランキング |

シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

トレッキング in 日本 (19) 「津久井湖城山公園を歩く パート1」

2010年5月13日(木)

今日は近場の里山歩きではなく、少しだけ遠くまで足を延ばしましょうかね。 「高尾山」という手もあったのですが、どうせ行くなら初めて行くところと考え、「津久井湖城山公園へ」行くことにしましょう。
e0195952_10104158.jpg




「京王永山駅」から「京王橋本駅」へ電車で行き、橋本駅北口から「三ヶ木行きバス(1番のりば)」に乗り込みます。 1時間に4~5本のバスがあるようで、交通の便は良いと言えるでしょう。 降りるバス停は、「城山ダム」を超えてすぐのところにある、「津久井湖観光センター前」です。
e0195952_10112023.jpg

道路を渡ると展望台があります。 そこの花畑でパチリ。
e0195952_10114072.jpg

e0195952_10115039.jpg

展望台から「津久井湖」を眺めます。
e0195952_1012342.jpg

さて、これから「城山」へ登りましょう。 こちらは「津久井湖城山公園」の案内地図です。 見難いですが、赤のマーカーで辿ったのが、今日歩く予定の道です。 右端(東端)の「城山登山口」へ出たあとは、バス停までしばらく歩くことになります。 ここにもバス停はあるのですが、非常に本数が少ないと思われます。 写真をクリックすると拡大されます。
e0195952_10125155.jpg

今日は乗りませんが、ここから「橋本駅北口」へ行くバスの時刻表です。 結構な本数があることがわかりますね。
e0195952_1013919.jpg

まずは再び道路を渡り、山道を登り始めます。 丁度、正午です。 ここは「桜の小道」と呼ばれる場所でまだ登山道ではありません。 東屋があり、そこを折り返して登ると登山口があります。 その辺りから「津久井湖」を撮影したのがこの写真です。
e0195952_10133328.jpg

ヒノキの木立の間を登って行きます。 この辺り、「江川ひのき林」と呼ばれているようです。
e0195952_10134852.jpg

林の中は結構薄暗いですね・・・。 まだ他の人とは一回も会っていません。
e0195952_10144147.jpg

5分程の登りでT字路に突き当たります。 右手は小網口という他の登山入り口方面へ出ます。 私は左手の「城山山頂」方向へ進みます。 現在、午後12時7分です。
e0195952_10145931.jpg

道はこんな感じです。 良く整備されていますよ。
e0195952_10161120.jpg

ヒノキの木肌が綺麗な模様を作っています。
e0195952_10162776.jpg

途中に「くさり場」という、鎖を伝って登る場所がありますが、ごく短い距離ですので、足元に気をつけて登れば問題ないはずです。 ただ、くれぐれも鎖に頼り過ぎないようにしましょうね。 そしてこの分岐道にでます。
e0195952_10164566.jpg

現在、午後12時26分ですから、先ほどのT字路から19分で登ってきたわけですね。 地図で見ると30分とありますから、だいぶ早いペースだったようです。 左へ行くと「鷹射場」で、右手が「飯縄神社」です。 今、登ってきた方は「花の苑地」と表示されています。 「城山山頂」は「飯縄神社」の方向ですので右折します。

更に登ると、再び案内板が出てきます。 先ほどと同様に「飯縄神社」を目指します。
e0195952_10173715.jpg

途中で、「宝ヶ池」に出ます。 案内板です。
e0195952_10175237.jpg

今や汚い水溜りになってしまっていますが、山城にとっては欠かせない泉です。
e0195952_101841.jpg

ここまで眺望はあまり良くありませんでしたが、更に少し登ると見晴らしの良い場所に出ました。 東方向を望むことが出来ます。 天気が崩れそうな雲ですね~。
e0195952_1018511.jpg

もう少し登ると「飯縄神社」に到着します。 神社の裏手に出ます。 現在の時間は、午後12時31分です。
e0195952_1019159.jpg

「飯縄曲輪」の表示があります。 「曲輪(くるわ)」とは「郭」とも書くそうですが、尾根や傾斜を造成して広場とし、そこを本城を守る小さな砦とした場所だそうです。
e0195952_1019314.jpg

神社の階段を下ります。  階段を振り返ったところです。
e0195952_1019486.jpg

西方向へ下ると、すぐに四つ辻にでます。
e0195952_1020999.jpg

直進すると「本城曲輪(城山山頂)」です。 右折すると「女坂」を通り、「城山頂上」を中心に山肌を反時計回りに下り、「小網口」からの登り道と合わさり、更に直進すると「城山頂上」の南側で「男坂」と合流します。 左折すると「男坂」です。 今は勿論直進します。 現在の時間は午後12時34分です。
道標に近づいてみましょう。 四辻のど真ん中から見たところです。
e0195952_10204719.jpg

ここまで、誰一人とも会いませんでした。 平日ですからね。

パート2へ続きます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by verdy_coco_leon | 2010-06-06 10:09 | トレッキング in 日本