人気ブログランキング |

シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:トレッキング in シンガポール( 11 )

昼食のあとに家内は買い物へ行き、私はBukit Timah Nature Reserve (ブキティマ自然公園) へ向かいました。 今日昼食をとったCheong Chin Nam Rdからは、すぐ近くです。 まずは、こういう標識があります。
e0195952_2030970.jpg

自然公園へ行くには、マレーシア鉄道の小さな鉄橋を通らなければなりません。
e0195952_20303614.jpg

鉄橋をくぐると、幸運にも列車が来ました。 客車は朝と午後の1日2便だそうですが、貨物便はもっと頻繁に通っているようです。 これも貨物便ですね。
e0195952_20305660.jpg

鉄橋をくぐって数百メートル進むと、Visitor Centre があります。 コロニアルタイプの建物ですが、これは昔からあった建物なのでしょうか。 それとも移設したのでしょうか。 今度調べてみましょう。
e0195952_20312015.jpg

その先には、第二次世界大戦の戦争遺物のモニュメントがありました。 これはシンガポール全島に十数か所あるうちの一つです。 先日紹介した昭南忠霊塔にもありましたね。
e0195952_20324990.jpg

モニュメントの右側を登っていきますが、数百メートルは結構急な登り坂です。 それを超えると比較的なだらかな登山道が続きます。 頂上まではモニュメントから25分程度でしょうか。 たいした距離ではありません。 頂上にはこの標識がありました。
e0195952_20335148.jpg

標高163.63m、北緯1度21分31.85秒、東経103度46分34.95秒との表記があります。

ところで、折角頂上に登っても、実は見晴らしが全くきかないのです。 山登り(今回は丘登り?)の醍醐味は、頂上から見ることが出来る絶景ですよね。 これでは、観光客がタクシーで折角来てくれても、ガッカリすること受けあいです。 頂上の周辺の木を切れないのであれば、10m程度の高さの見晴らし塔を建てるくらいのことはすべきではないでしょうか。 そうすれば、一つの客寄せできる観光地になると思うのですが。

まあ、その話はさておいて、遠くからブキティマヒルを見ると、大きな鉄塔が建っているところが頂上かと思えるのですが、そうではありませんでした。 頂上にはご覧のような小さな鉄塔しか建っていません。
e0195952_20342440.jpg

頂上から少し離れたところに、遠くから見える高い鉄塔がそびえたっていました。
e0195952_20344354.jpg

一旦、Visitors Centreまで降りたあと、わき道を300m程進むと、この光景が見ることができます。
e0195952_20351620.jpg

これは昔の話ですが、大理石を採掘した跡地に水が溜まった場所です。 シンガポールには何箇所かあります。 またシンガポール領のウビン島にも同様な池があります。

さらにもう一回Visitors Centreに戻り、他のわき道を進みました。 地図ではRail Mallという場所に出る山道です。 山道はこんな感じですが、まさにジャングルの中の小道ですね。
e0195952_20354229.jpg

しばらく歩くと、残念ながら急に雨が降ってきました。 そこで仕方がなく、Visitors Centreまで急いで戻ることにしました。 雨具を持ってくれば良かったのですが。

雨が小降りになってから歩いて家に戻りましたが、昼食を食べてから2時間半弱、歩いたでしょうか。 このあたりは山道が結構整備されているので、しばらく探求してみようかとおもいます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ よろしかったら、こちらもクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ
by verdy_coco_leon | 2009-12-23 12:15 | トレッキング in シンガポール