人気ブログランキング |

シンガポール在住者の日記です。 メイントッピクはホーカーセンター(すなわちB級グルメ)の話題ですが、その他に毎日の食事メニュー、飼い犬、当地の戦争史跡、TOEIC受験等をアップしていきます。


by verdy_coco_leon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:Hillview Avenue ( 1 ) タグの人気記事

Upper Bukit TimahのHillview周辺を車で流していましたら、眺望の良い変わった場所を発見しましたので紹介します。

e0195952_1234344.jpg


場所はBukit Batok Town Parkの裏手になるJalan Dermawanという道です。 Hillview Avenueから入っていきますが、Jalan Dermawanの坂道をどんどん登っていくと、坂道の天辺にHillview Courtというクラスター住宅があります。

その向かい側が斜面の空き地になっていますが、フェンスと鉄条網で囲まれており、立ち入り禁止になっています。 国の土地とも別に書いてありません。 今日、紹介するのはこの場所です。

この土地の北側に、国防省が入っている軍事キャンプがあるのですが、その南端にあたるようです。 軍事キャンプの一部なのかもしれません。

冒頭の写真が門の部分です。 門の左手にコンクリートの壁が続いています。

e0195952_1235077.jpg


コンクリートの壁が門に接している部分は、なんだかトーチカの入り口のようなつくりになっています。

e0195952_12455293.jpg


フェンスの横にある階段をずんずん登っていくと、眺望が良いこと。 Pasir Panjangの方向だと思います。 画面中央に遠く見える特徴あるビルは、Dover Road近くにあるものだと思いますが断定できません。 写真下の中央より少し左にあるコンクリートの階段を登ってきました。

e0195952_12354864.jpg


上の写真の少し左手(北側)です。 左手の二つの鉄塔がある場所がBukit Timah高地だと思います。 右手の二つの塔がある場所が、太平洋戦争中に日本軍が慰霊塔を二つ(日本軍の戦死者及び連合軍の戦死者のため)建立した場所で、幅の広い石の階段が今も残っています。 ここが、太平洋戦争中の地図で348高地(番号はフィートで表された標高)と呼ばれていた丘だと思います。

e0195952_12393718.jpg


上の写真の更に左側(北側)です。 正面遠くに見える二つの鉄塔がある場所がBukit Timah高地だと思います。

e0195952_12401847.jpg


これだけ眺望がよいので、英国連邦軍の重要な軍事拠点のひとつであったのではないでしょうか。 前述の国防省がある場所はGombakという地名で、太平洋戦争中の地図を見ると437高地となっており、その南に348高地がありますが、それが前述の二つの鉄塔がある丘だと思います。 348高地の西側に294高地がありますが、今入る場所が正に249高地だと思われます。

観光地では全くありませんが、ちょっと変わった場所なので紹介しました。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ この記事を気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓ よろしかったら、こちらもクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ
by verdy_coco_leon | 2009-10-17 14:57 | 変わった場所 in シンガポール